A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

男の家に泊まった・・・ 

と、事実だけを書くと、なにやら色っぽい話のようだな(笑)


昨日は、日記にも書いたように、野郎どもとの忘年会でした。
お店は、

霧笛樓  明治屋舗

雰囲気のある、こじんまりしたお店でした。
料理も美味しかった♪
・・・けど、こじんまりしすぎ^^;
かーなり狭かったです。
予約も早かったから、2階の座敷(だったかな)の席をとってもらえてるかあ?と思ったけど、4人じゃ無理だったみたい(>_<)
つか、どっかの会社の忘年会とバッティングしてたみたいです。
小さなお店だから、大規模の忘年会では使われないかな・・・と思ってたのになー

そこで生2杯と、焼酎のお湯割り2、3杯ぐらい飲んだかな・・・記憶がおぼろ~

2時間で追い出されたので、2件目は、ちょっとアメリカンなお店へ
(ついていっただけなので、お店の名前もわからん)
そこのフライドポテトが大ヒットw
すでに結構おなかは一杯だったから、揚げ物はな~と思いつつ、揚げ物しかメニューにあまりなかったので、なにげに頼んだら、皆、手がのびるのびる(笑)
大の大人4人が、子供みたいにポテトをむさぼってましたよw
あのポテトはまた食べたいな~
細くて、かりっくたっ・・って感じ(どんなや
そこでバーボンの水割りを3杯ぐらい飲んじゃった。

で、タイトルの話になる(笑)

時間を忘れてついついお酒とおしゃべりに没頭してしまって、そのお店を出たのが23時前ぐらいでした。
終電にはもう間に合いません。
で、母から「今日はI駅まで迎えにいってあげるよ」と言ってもらってたので、なんとかそこまで帰るのには間に合いそうだったのだけど、

「もし間にまにあいそうもなかったら、Cくんとこに電話するわ~」

と、冗談でいってたら

「良いですよ。なんなら、もう、うち泊まりますか?」

っと。
Cくんとこって、お父さんと二人暮らしなんですよね。
そら、お父さんも、女の人連れて帰ったらびっくりするやろ?と思ったんですが、うちはそういうの全然気にせえへんから大丈夫とのこと。
私も酔っぱらってかったるいのと、ちょっとCくんちに興味があったのとで、「じゃあ、よろしく」となってしまったのでした^^;

もちろん、マコの容態は確認して。
結構元気とのことだったので。

実際行ったら、お父さん、顔色も変えずに「いらっしゃい」ですと。

「家どこですか?」
「奈良です」
「そりゃ、遠いですね。あ、まだ飲むならいろいろありますよ」
「いえ、もう十分・・・」

おとーさんと軽いコミュニケーションとってる間に、Cくんがお茶入れてくれて、そのあと、3人でまったりしてました(笑)
寝間の準備とかパジャマ(Cくんのおねーさん(家を出てるらしい)の)の準備もおとーさんがしてくれました。

なんつーか、初めてのおうちで、しかも野郎のおうちで、しかも家族はおとーさんだけで、あれだけリラックスできるおうちも珍しいですわ。
つか、私自身もちょっと神経麻痺してんのかしらん?^^;;;;

朝も、おとーさんが珈琲入れてくれたり,パン焼いたりしてくれましたよ(笑)

で、近くの温泉に連れて行ってくれるつもりだったみたいなんだけど、さすがにそれは辞退して、まこも気になったので、9時前にはさよならしてきました。
帰りに、おとーさんは、また寝てしまわれてたので(気を遣って一度おきてきてくれたみたい)ご挨拶ができなくてちょっと心残りでした。

以前、Cくんのお父さんは、人を招いてたこ焼きパーティをするのが趣味やと聞いてました。
で、「じゃあ、一度ごちそうになりにいくわ」と半分冗談で言ってたんだけど、あの様子じゃ、マジでごちそうになりにいっても大丈夫そうw
Cくん、めちゃ料理も得意らしいので、一度彼の手料理を食べてみたいしねw
(けさ、浸けているという漬け物食べさせてくれた(笑))

正直、駅について、彼の家にとぼとぼと歩いている間に、ちょっと後悔・・・みたいな気分になってたんだけど、思い切って行ってみて良かったわ。
面白い経験?ができました。

ちなみに、Cくんて、名古屋でホテルをご一緒した彼。
私の中で、どんどんCくんから「男性」という属性が失われていきます(笑)



マコは、今日も割と機嫌良くしています。
おしっこのコントロールがきかなくなってきたのか、敷物を汚すようになってきましたが、牛乳はよく飲んでいるようだし、顔つきも少ししっかりしてきたような・・・・
リラックスして寝ているようでもあります。

もちろん、病気で・・・ではないので、これからどんどん回復して・・は望めないのは承知してますが、多くはないだろう最後の時間を、なるべく機嫌良く過ごしてもらいたいですものね。
スポンサーサイト

category: murmur

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/99-51d34cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

件の男

と、事実だけを書くと、なにやら色っぽい話のようだな(笑)昨日は、日記にも書いたように、野郎どもとの忘年会でした。お店は、霧笛樓  明治...

A murmur of Kai

2008/12/23 22:03

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。