A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

レ・ミゼラブル 

見てきました。
続きは ↓
「良かった」「感動した」って感想文じゃないので、ファンな方は読まないでください^^;


つくづく、母と一緒にいかないで良かったです。
途中、嗚咽がとまらなくなって、タオルハンカチで押さえてたんですが、そのタイミングが・・・
え?ここ?
な、タイミングだったので。
そうですね・・・民衆の歌が初めて出てきたところですね。

有雨さんが、元旦にFBに書いていた歌。

そもそも、元々あまり興味なかったレ・ミゼラブルを見ようと思ったのも、有雨さんがずっと見たいと言ってた映画だからで、記憶をたどってだから歌詞があいまいだけど・・・と、断りながらも、随分長い歌詞を、おそらくかなり苦労して入力しただろう歌を聴きたかったから。

ああ、この歌が、彼女のココロの支えの一つだったんだな・・と思うと。
ま、感傷ですけどね。
これから、何かの機会で聴く度に、また泣いてしまうのか、そのうち麻痺してしまうのかわからないけれど、すこしなりともココロが揺さぶられるんだろうな・・とか思ったり。

まあ、そんなこんなで結構泣けた映画ではあったけど、正直なところ……さほど感動したとか良かったとか思わなかったなー^^;
だいたい、ずっと歌ばかりで疲れたorz
そういう映画だとわかって見に行ったんだけど、予想以上にエネルギーが消耗された。
いいから普通にしゃべれよ・・・とココロの中で呟いててごめんなさい。

そーしーてー・・・・マリウスむかつくっ!
なんだあのニブチンは!!
エボニーヌ切なすぎるだろう!健気すぎるだろう!
あんな良い子がずっとそばにいて、好意をよせてくれてるのに、なんで気がつかない!!
で、コゼットを遠目にみただけで、ふぉーりんらぶ!って安易すぎるだろう(>_<)
あの二人の恋は全く共感できないっ。
エボニーヌの片思いの方がずっと、ココロに響きましたよ。

コゼットもなあ・・・そばに、あんな素敵なパパがいて、なんであんな青二才に目がいくかなー
そら、血がつながってないとはいえ、うんと年上でパパポジションで、恋愛対象として意識は出来なかったと思うけど、あんな素敵な男性がいたら、マリウスなんてへっ!って感じだと思うけどなあ。
・・・って、こればかりは個人の好みというか、恋とはそういうものだろうけどね。

ジャンバルジャンは、素敵でした。
渋い・・・惚れます(。-_-。)ポッ


スポンサーサイト

category: Movie・Drama・Animation

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/904-e9c0419a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。