FC2ブログ

A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ソラ太の話 

Twitterの診断メーカー<キスのお題ったー>で

RTされたらソラ太が跪いて相手に口付けて「やさしく、してくれますか? 」という話を書いてください。

ってのが出たので、書いて準備してたんですが、誰もRTしてくれませんでした(笑)
私のついのべに需要がないのか、ソラ太のキスに需要がないのか(笑)

でも、せっかく考えたからこちらでアップ。
140字だとやっぱりイマイチ意味がわかりづらいし、ちょっと肉付け。


(更にちょっと手直しして、ピクシブに上げた・・・需要がないものをあちこちに^^;
 自分が気に入ってるからいっかw)


病院で、初めてひよりに会った時おれは警戒した。
まさむねに拾われ、たかふみに引き取られ2人の間で暮らしてきた。子供は未知の存在だ。
警戒して、しっぽを少し膨らませていると、
「ソラちゃん」
ひよりの少し舌足らずの甘い声で名を呼ばれ、少しほっとした。

連れ帰られたのは見知らぬ家。
ひよりと、たかふみの上司のきりしまさんの家。
ソファがあったから、そこに身体を横たえた。
今日は、夜中に病院に連れて行かれてあちこち触られて、先生は好きだけど、やっぱりちょっぴり疲れた。
本当は、自分のうちのソファで寝たいけれど、しかたない。
ここのソファは、うちのより少しいい匂いがするから我慢しよう。
ひよりが横に座ってきた。
またちょっと毛が逆立つ。
けど、ひよりはほんの少し離れて座って、おれには触って来ない。
ほっとして、目を閉じた。
「ソラちゃん…」
囁くように、また名前を呼ばれた。
俺は、薄めをあけてひよりを見上げる。
にこにこと笑っている。
視線をそらせると、キッチンのテーブルで、たかふみときりしまさんがビールを飲んでいた。
たかふみは穏やかな顔で少し笑って、何か話をしている。。

ひよりときりしまさん…ここの人たちは、おれとたかふみに優しくしてくれるのかな?
きりしまさんは、たかふみに優しくしてくれるのかな?

おれは、ひよりの膝にくっつくように座り直した。
ひよりの目が見張られる。
膝の上に置かれた、小さい手。
この手は、おれに優しくしてくれるのかな?
そっと近づいて、ちょっと舐めてみる。
ひよは少し大人びた顔で優しく笑って、大丈夫だよと頭を撫でてくれた。



これでもお題に沿ってるつもり。

スポンサーサイト

category: Moe

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/866-69d87937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。