FC2ブログ

A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

夏目友人帳 ついのべ その2 

昨日、やっと夏目のついのべ、その2分がたまったのでピクシブにアップしました。
こちらにもアップしとこっと。
時間かかったので季節感がorz


■『二人』と『花びら』、登場人物が『拭う』というお題でツイノベを書いてみて下さい。

うちで宿題をしようと、家路を夏目と二人歩く。
「あ、雪…」
夏目の声に空を見上げると、ふわふわと花びらのような雪が舞い落ちてきた。
一片の雪が夏目の唇に落ちて解ける。
それを舐めたい衝動にかられ、でも出来るわけもなく、指の腹でそっと拭った。
はにかんで彼が笑う。
やっぱりキスすればよかった。


-----------------------------------------------------


■「昼のグラウンド」で登場人物が「手を繋ぐ」、「犬」という単語を使ったお話を考えて下さい。

昼休み、窓から運動場を見下ろしていると、中級二匹が『犬の会』の幟を背にうろついていた。
慌てて駆け降りた。何故か二匹は手をつないでいる。
「何やってるんだ?」
「先日、夏目様が寺の息子とこうやってるのを拝見しまして、今我らの間で流行っているのでございます」
得意げに笑う二匹に目眩がした。


-----------------------------------------------------


■「昼の歩道橋」で登場人物が「恋する」、「雨」という単語を使ったお話を考えて下さい。

塔子さんの使いで隣町へ。たまには遊んでらっしゃいと見送られた。
でも行きたいところもなく、歩道橋から街を眺めている。
自分の町より賑やかで、でも何故かな、なんだか寂しい。
空からの水滴が頬を濡らした。
こんな時そっとぬぐってくれる指がある。
ああ、ひどく恋しい。
おれは駅への道を駆け出した。


-----------------------------------------------------


■「夕方の教室」で登場人物が「手を繋ぐ」、「水」という単語を使ったお話を考えて下さい。
 ※ 少々変えただけの2パターン

雨の夕暮れ。教室で田沼を待っている。
窓に手をつき水滴が落ちていくのを追ってると、手に手が重ねられた。
「待った?」振り返ると田沼の笑顔。
くるりと体を返され、口づけられた。なんだこの手際は。
軽くにらみつけると、彼は気弱げに「怒った?」なんて。
おれはかぶりを振るとそっと彼の手を握った。


雨の夕暮れ。教室で田沼を待っている。
窓に手をつき水滴が落ちていくのをぼんやり見ていると、手に手が重ねられた。
「待った?」振り返ると田沼の笑顔。
首を振ると、くるりと体をひっくり返された。
ちゅっと唇をついばまれる。
びっくりして顔が火をふいた。
「ごめん」そう言う田沼の耳も見事な桜色。


-----------------------------------------------------


■「朝の神社」で登場人物が「出会う」、「卵」という単語を使ったお話を考えて下さい。
※ 2ツイート分 「名前」の元です

「夏目様」
登校中、小さな祠の前で一人の妖に呼び止められた。
「名前を返して欲しいのか?」
「いいえ。夏目様に名前を差し上げたいのです。お手を」
両手を差し出すと、卵のような物が載せられた。
「それを、彼の方の前で…」
「え?」
気がつくと妖は卵を残して消えていた。

「夏目?」
呆然としてると田沼に声をかけられた。
とたん、卵がはじけて何かが胸に飛び込んできた。
「うわ!」「どうした?」
田沼の心配げに覗き込んでくるのに目があった。
どくん!胸が騒ぎ出す。
少し前からそうだ。田沼といると何故か胸が…ああ、そうか。
おれは今、名前をもらったのか。
田沼への想いに『恋』という名前を。


-----------------------------------------------------


■「昼の床の上」で登場人物が「離れる」、「雷」という単語を使ったお話を考えて下さい。

遠く春雷の鳴る昼下がり。
夏目と自堕落に寝そべりながら、各々漫画など読んでいる。
少し肌寒く、自然寄り添う体温が心地よい。
突然雷鳴が響き渡った。
びくりと体が離れる。
よほど驚いたのか夏目が涙目だ。
おれは笑って引き寄せると涙に唇を寄せた。
くすぐったがる夏目が可愛い。
唇にキスしていいかな?


-----------------------------------------------------


■「夕方の公園」で登場人物が「共有する」、「飴」という単語を使ったお話を考えて下さい

雨降る夕暮れの公園。
濡れ鼠で立ち尽くす夏目を見かけた。
駆け寄り傘を差しかける。
また何か妖に煩わされたのか。
無理に笑おうとするのを遮り、彼の頭を引き寄せ、肩におしつけた。
苦しみを共有できない自分が歯痒い。
ポッケに飴が1つ。口に押し込んでやる。
甘いと言って笑うのに、おれが泣きそうだ。


-----------------------------------------------------


■「昼のプラネタリウム」で登場人物が「思い出す」、「星」という単語を使ったお話を考えて下さい

次に預けられた家は都会の真ん中だった。
課外授業のプラネタリウム。
頭上に満天の星空。
ああ…思い出す、こんな星空を誰かと見ていた。
人里離れた家の縁側に並んで。
穏やかな笑顔の…誰だっけ?。
「夏目?」…え?
気づくと、心配そうに覗き込む田沼の顔。
夢か?ほっとしたら涙が出て田沼を慌てさせた


-----------------------------------------------------


■「夕方の床の上」で登場人物が「寝る」、「糸」という単語を使ったお話を考えて下さい。
 ※ 2ツイート分

西日で目が覚めた。転た寝していたようだ。
違和感を感じて左手を見る。え!?
小指から赤い糸のようなものが。なんだこれは?
先生がやってきて覗き込んできた。
「ふむ、これはいわゆる運命の赤い糸だな」
「へ?」
「本来見えないものだが可視化する妖がいると聞いた。居眠り中にでも術をかけられたか」
ということは、おれもいつか結婚して家族を?
「あほ。あやつが相手で結婚など出来るか」
「あやつ?ニャンコ先生知っているのか?誰だよ」
「教えてなどやるものか。ま、心配することないさ。そのうちわかる」
何せ、運命だからな…そういって先生は、鼻歌を歌いながら窓から機嫌良く出て行ってしまった。

スポンサーサイト

category: Moe

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/859-42076837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。