FC2ブログ

A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【T&B】ついのべ 

今日は「TIGER & BUNNY」ついのべです。

虎×兎 です。
逆の人はご注意!


■「深夜のベッド」で登場人物が「泣き出す」、「蜜」という単語を使ったお話を考えて下さい。

深夜、隣で眠っている恋人が急にしくしく泣き出した。
ああ…まただ。片手でそっと抱き寄せると子供のように抱きついてくる。
今夜もまた子供の頃の悪夢を見てるのだろう。
唇を寄せて涙を吸うと、密のように甘かった。
ごめんね、バニーちゃん。
こんな風に泣くお前を可愛いと思う俺は、悪いおじさんだな。



-----------------------------------------------------


■「早朝の病院」で登場人物が「思い出す」、「ヒーロー」という単語を使ったお話を考えて下さい。

「ん…」
「目が覚めたか?バニー」
「ここは?ああ、思い出した。僕、怪我をして…」
「ずっと意識がなかったんだぞ」
「なんて顔してるんですか。ヒーローが情けない」
「今の俺はヒーローじゃない。恋人が心配なただのおじさんだ」
「じゃあ、ヒーローじゃないただの若造におはようのキスをしてください」


-----------------------------------------------------


■「朝の屋上」で登場人物が「決める」、「蜜」という単語を使ったお話を考えて下さい。

「やっと終わった~」
高層ビルの屋上。夜通しかかった捕物騒動。
へたれた俺は、メットを外してヤンキー座りで座り込んだ。
バニーが並んで同じポーズで座り込む。
「お前、そのポーズ似合わなさすぎ」
「おじさんは決まってますよ」
笑って憎まれ口を叩く相棒の蜂蜜色の髪を、昇り始めた朝日が照らした。


-----------------------------------------------------


■「朝の床の上」で登場人物が「幸福になる」、「傘」という単語を使ったお話を考えて下さい。

目覚めたら、バニーは床の上で転がっていた。
目の前に、ワインのビンと…そして年上の相棒が転がっている。
ああ…昨夜は二人宴会してたんだっけ。
広げられた傘が目に入った。
夕べワインが足りなくなって、二人で一つ傘でコンビニに買いにいったのだ。
馬鹿なことやってるな…と、幸福感を噛みしめた。


-----------------------------------------------------


■「夕方のダイナー」で登場人物が「選ぶ」、「蜜柑」という単語を使ったお話を考えて下さい。

虎徹さんと待ち合わせて夕暮れのダイナーへ。
席で待っていると、虎徹さんがトレイにホットドックと何故か蜜柑を載せてきた。
「たまにはフルーツも選んでみた」
オレンジ色が綺麗だと見ていると、虎徹さんがそれにキスをして、僕の唇に押し当ててきた。
「何すんですか!」
「いや、キスしたくなったから」

 ・・・

注文カウンターに果物を見つけた。蜜柑を1つ。
席に戻ると、バニーが蜜柑を見て少し笑った。半開きの唇が艶っぽい。
俺は蜜柑に口づけ、バニーの唇に押し当てた。
「何すんですか!」
「いや、キスしたくなったから」
「帰ってすればいいでしょう!」
俺は、俄然張り切ってホットドックを片付けにかかった。


-----------------------------------------------------


■「朝のエレベーター」で登場人物が「抱きしめる」、「飴」という単語を使ったお話を考えて下さい。

濃厚すぎた翌朝、二人して寝過ごした。
慌ててエレベーターに駆け込む。
閉まるなり抱きつかれた
「ちょ…」
彼の手が顎にかかる。
「ダメです!」「キスぐらいさせろよ」
ポッケにあった飴を彼の口に突っ込む。
「噛んじゃだめですよ。降りるまでに舐めきったらキスしてあげます」
「無理に決まってんじゃん」

※ 「噛んじゃダメ」=「噛みくだいちゃダメ」ですよん。


-----------------------------------------------------


■「深夜のバー」で登場人物が「くすぐる」、「指輪」という単語を使ったお話を考えて下さい。

人気のない深夜のバーで、虎徹さんは僕をいつも左に座らせる。
その位置が心地よいのだと言って。
酔ってくると、左手で僕の手を弄びはじめる。
掌をくすぐったり、指先を撫でさすったり。
あなたは無邪気で残酷で、指輪をはめたその指が、僕の身体を熱くし、心を凍えさせているのをわかってるのだろうか?


※ 兎→→→→→←虎 ぐらい? 兎は片思い。虎は無自覚・・・
 無自覚なのが一番残酷ですね。


-----------------------------------------------------


■「昼のロフト」で登場人物が「好きにする」、「氷」という単語を使ったお話を考えて下さい。

日の光に目が覚めた。
「目ぇ覚めたか」
虎徹さんの声と共に冷たいものが頬に当てられた。カラン…氷の音が響く。
「夕べ、飲んでうち来たの覚えてるか?」頷いた。
酔ってどこで寝たらいいんだとごねて、好きにしろと言われて…「俺のベッドに潜り込んできたんだよな」
にやりと笑う彼の顔が直視できない。


※ できちゃう少し前ぐらいの曖昧な関係・・・って感じで。


-----------------------------------------------------


■「深夜のダイナー」で登場人物が「告白する」、「手紙」という単語を使ったお話を考えて下さい。

ヒーローを引退して数ヶ月。
これからの生き方を模索する中、僕は時折、彼とよく立ち寄ったダイナーへ深夜赴く。
そこで、彼が好んだバーガーを齧りながら、便箋に向かって告白する。
好きです…そればかりで埋め尽くされる一枚。
そして、マンションに戻ると、僕はそれに静かにライターで火をつけるのだ。




視点で、虎色と兎色にわけてみたら、兎が圧倒的だったなw
また、お気に召しましたら、ポチよろしくね^^
スポンサーサイト

category: Moe

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/849-bd53e0c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。