A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ガリレオの苦悩 

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


読了しました。
以下、ネタバレ有りなので・・・・
えーと・・・・めずらしく、「長編」(この場合、聖女・・・)より面白いと思った「短篇集」でした。

「聖女・・」は期待しすぎ、「苦悩」は、どうせ短編やし・・・とほとんど期待せず読んだからかもしれんけど。

内海刑事は、この短篇集の第1話で初登場やったんですね。
草薙刑事に「先生を紹介してくれ」とのくだりがあり、「聖女」では、いきなり顔見知りだったので、ここでやっとすっきりしました。
この短篇集の間に、「聖女の救済」が入る感じですね。
あきらかに、「聖女」より後のエピソードもあったので(何話だったか忘れた)
母は、「苦悩」を1話だけよんでから「聖女」を読んで、また「苦悩」に戻ったので、一番正しい読み方をしたと言えるでしょう(笑)

しかし、話自体は満足やったんやけど・・・

ここで、すっかり、内海刑事が草薙刑事の立場をとって行ってるのがはなはだ不満。
湯川センセに接触するのは、もっぱら内海刑事で、草薙刑事はすっかり「ワトソン役」を内海刑事に譲った感じですね。

草薙と湯川の関係が好きなので、このまま草薙は自然退場・・・・だったら、もう「ガリレオシリーズ」はいいかな~と思いました。


第2話の「操縦る」は、心に響いた物語でした。
でも、最後の湯川センセの言葉・・・・ああいう言葉って、あまり湯川センセにそぐわない感じ~
同窓生の誰か代弁させて、後ろで頷いて、視線で伝えるぐらいがいいと思うんだけど。
スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/82-b0058186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。