A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

映画かぁ・・・・・T&B 

「おじさん。T&Bが映画になるそうですよ!」



以下、だらだら長ったらしくと好き勝手書いてて、
わかりづらいかと思うけど、
気が向く方はどーぞw

虎×兎
折×竜 ですの^^


「おじさん。T&Bが映画になるそうですよ!」
「ん~なんだぁ? 映画ぁ?」
「ええ、なんでも2部作らしいそうです。僕も詳しいことはまだ知らないんですが」
「ふぅん。じゃあ、もうテレビではやらねーってのか?」
「ん~どうでしょう? 映画で完結・・・なんですかね?」
「そりゃ面倒だなぁ」
「え?面倒?」
「だって、あれだろ? ウロボロスの件とかルナティックの野郎の件とか、2時間やそこらでケリつけるってことだろ。なんか忙しねえなあ」
「あーまあ、それはそうですねぇ……」

「おはよー! なになに?何話してんの?」
「おう、はよ! 朝から元気だな。ドラゴンキッド。なんでも、俺らが映画になるらしいぜ」
「え~~~!そうなの!? すごーい! ぼくもいっぱい出るかなあ?」
「そりゃ、出るんじゃねーの? その可愛い顔、大画面にドアップで映してもらえや」
「可愛いなんて言ってくれるの、タイガーだけだよ」
「んなことねーだろ。折紙だって……」
「拙者が何か?」
「ああ、折紙先輩。映画化の話しをしてたんですよ」
「映画?」
「うん。ぼくたち映画になるらしいよ」
「それは初耳でござる。新しい見切りポーズを考えなくては」
「………どすこい、だけはやめとけよ」

「おう、朝から賑やかだなー」
「ロックバイソンさん。映画化するそうでござるよ」
「映画化?何の?」
「僕たちのですよ」
「バーナビーがネタ拾ってきたのか?」
「ええ。僕も噂で聞いただけで、詳細はまだ全然わからないんですが、2部作らしくて。もしかしたら映画で完結かもしれません」
「なんだって!!!じゃあ、テレビシリーズの2期はねえってのか!?」
「わっ!なんだよ。でけぇ声出すなよ」
「俺はてっきり2期があるもんだ……と」
「ん~俺もそう思ってたんだが……まあ、映画でするって言うんならしゃーねーわな」
「仕方ないでは済まない!!」
「何いきまいてんだよ」
「俺だけなんだ……」
「え?何がですか?」
「俺だけ、俺のターンがなかったんだよ!!」
「あれ?そうだっけ……? んと、ぼくは……あ、市長の赤ちゃん預かったときぼくのターンだったよね」
「そうでござる。あんときのパオリンはキュートでござった。拙者は、エドワードとの話がござるな。タイガー殿に励まされたでござるよ」
「あー、そうだったな。。あとは……ファイアーエンブレムは殺人犯人疑惑があったし、ブルーローズは、ヒーロー辞めるってぐずってたし……」
「僕や虎徹さんは、言わずもがな……ですね。えっとスカイハイさんの時は……」
「恋バナで盛り上がったよ!そういえばあのときの彼女どうなったんだろう?」
「なるほど……確かに、ロックバイソンさんだけ、エピソードがないですね」
「だろ?だろ?だから俺は、第2期を期待してたのに!映画になんかなっちまったら、俺個人のエピソードなんてやる暇ないじゃねーか!」
「………」
「ん?どした?バニー」
「……………それはゆゆしき問題ですね」
「おー!バーナビー、わかってくれたか!」
「んだよ。なんで、バニーがアントニオの心配なんか……」
「いえ……ロックバイソンさんはどうでもいいんですが……」
「はぁ?」
「俺はどうでもいい…ってどういう意味だよ……」
「確かに、映画になんかなったら、ささやかなエピソードなんて全部割愛されてしまいます」
「まあ……そりゃ」
「僕も、2期になれば、虎徹さんとやりたいことがたくさんあったのに……」
「……へ?」
「○○に一緒に行ったり、××を一緒に食べたり……それで、僕と虎徹さんの仲をアピールするはずだったのに。チャーハンの練習だってちゃんと続けてるんですよ!」
「おいおい、バニー。何もわざわざアピールする必要なんて……」
「何言ってるんですか!虎徹さんは、おじさんでお調子者でお節介で滑るわこけるわ僕の足をひっぱっるわ……」
「おい……怒るぞ」
「なのに!何故か、やたらもてるんですよ!」
「へ?あ……そう? 俺もてちゃってる? 誰にもててるのかな?ねぇ誰だれ?」
「おじさんは黙っててください!」
「………す、すみません」
「つまり!そんなだから、虎徹さんは僕のものだってアピールしておく必要があるんです。すぐ近くにだってライバルがいるんだから……ああ、もう!ロックバイソンさん!」
「え……な、なんだ?」
「これからサン○イズに直訴に行きましょう!」
「じ……直訴!?な……なにを?」
「テレビシリーズの2期放映の件にきまってるでしょ。さ!いきますよ。おじさんも!」
「え!……俺もかよ……勘弁してくれよー」


   (・))<<(・))<<(・))<<


「あーあ、行っちゃったね。バーナビー、あんなに焦らなくても誰もタイガーとったりしないのに」
「まあ、ブルーローズ殿のこともあるし、タイガーさんは皆から慕われてるでござるから……それよりも、あの……パオリン?」
「ん?なに?イワン」
「その……映画が出来たら、一緒に見に行かない…かな……で、ござる」
「うん。いいよ」
「ホントでござるか?」
「もちろん♪ あの、誕生日に買ってもらったワンピースがあるんだ……それ着て行こう……かな」
「ワンピースなんて持ってたでござるか。いつもズボンばかりじゃなくて、スカートもはけばいいのに……」
「だって、恥ずかしいんだもん。皆には見せたくないよ」
「そうでござるか……では、拙者にだけ見せてくれるでござるよ」
「うん。イワンにだけね」
「パオリン(*^_^*)」
「イワン(*^_^*)」


   (・))<<(・))<<(・))<<


「ねえ、虎徹さんは、やっぱり映画は娘さんと行くんですよね」
「ん~ いや、楓は友達かうちのかーちゃんと行くんじゃねーかな?」
「そうなんですか? それは寂しいですね」
「まあ、楓とたまには映画も行きたいのは山々なんだけどよ。どうせ都合つかないだろうし。俺も、映画館でじっと椅子に座って見るってのも性に合わないからな」
「そうなんですか?」
「あ……もしかして、バニーちゃんおじさんと映画デートしたかった?」
「そ……そんなこと……言ってないわけじゃないですかっ!」
「はぁ?……それって言ってるんじゃ……」
「あああ!だって虎徹さん映画館嫌いなんでしょ?」
「いや、好きこのんで行きたい訳じゃねーけど、バニーが行きたいなら……」
「いいですよ。僕、Blu-ray出たら買います。それで、僕の部屋で一緒に見ましょう。僕のモニタだったら映画館のスクリーンとさほど遜色ないですよ」
「お、そりゃいいね。バニーの部屋だったら、寝っ転がって飲みながら見れるしな」
「そうですよ。お腹がすいたら僕がチャーハン作ってあげます。だいぶうまくなったんですよ」
「そりゃ楽しみだ」
「僕も映画館より、そっちのほうが楽しそうに思えてきました」
「ああ……映画の俺がかっこよすぎてお前が盛っても、すぐお応えできるしな♪」
「…………やっぱり映画館にしましょう(ーー;」」



マジで映画で完結編かな?
2期を期待してたのに~(>_<)
まあ、行くけど・・・
スポンサーサイト

category: Moe

コメント

たまら~ん

台詞だけでも 絵が想像できちゃうよ♪
映画楽しみだよねっ
でも2期も放送もして欲しいよねっ

URL | まぐれってぃ #KnHW2vQ.

2011/11/17 14:41 * edit *

まぐれってぃさん

全部、誰の台詞かわかった?
折紙先輩は、普段は普通で「拙者」でも「・・ござる」でもないよね^^;
でも、普通にしゃべらせると区別がつかなくなる~ん

本編はやっぱりテレビでして欲しいよね。
映画はそれと別にサイドストーリーみたいにやってほしい。
でも、2部作なんていうから、きっと本編の続きなんだろうなあ・・・

URL | 快 #JxT2ZqZE

2011/11/17 22:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/814-1fc9e541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。