A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

聖女の救済 

聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


読了しました。


以下、ネタバレ激しく含む!
一日で一気読みでした。
まあ、それだけ面白かったといえば面白かったんだけど、
正直、私的にはちょっと期待はずれやったかな。

おそらく、これを単独で読んだら(いや、単独は単独なだけど・・・)
それなりに感動もあったのかもしれないけど、
まだまだ「容疑者Xの献身」の影響を引きずったまま読んだからか、
どうも、「X」に比べて、深みを感じなかったです。

あー、面白かった・・・程度かな。

がつーん!と来るものがなかったなー

トリックも、ほえ~~~~すごいな~~~とは思ったけど、
ちょっと無理がありすぎ!?
いや、私は推理小説のトリックはたいてい「凝りすぎてムリあるんちゃうん」って思っちゃうほうなんだけど、あれは特に現実的でなさすぎるというか・・・

まあ、それは湯川先生自体指摘してるところですが。

だからこそ「これは完全犯罪だ」と言ってるわけですしね。

「聖女の救済」というタイトルは、最後に激しく納得させられましたね~
「容疑者Xの献身」もだけど、タイトル付けるの上手いなーと。
「○○殺人事件」的なタイトルも結構好きなんだけど、こういう一言で作品の本質を表してるタイトルってすごいと思うん。

とまあ、納得はしたけど、でもタイトルのインパクトほど内容にはインパクトはなかったような~~


なんかね、「容疑者Xの献身」ほど、登場人物(石神、湯川、草薙。。。その他諸々の人々)の気持ちが描かれてなかったように思う。
もともと東野さんってさほど、感情の動きは劇的に表現するタイプじゃないかな~と思うんだけど、「X」は抑えた表現の中で、息苦しいほどのそれそれの心の動きが伝わってきたのね。

「聖女の救済」はそれが感じられなかったかなー

草薙刑事・・・・もっと苦悩するのかと思ったらさほどでもなかったし。
いや、何かと悶々としてたみたいだけど、イマイチ共感できるほどでもなかったな。

殺されたヤツは、殺されてとーぜーーーーんん!って感じ。
つか、あんなあっさり殺しちゃもったいないぜ!って思うわ。
しかし、現実あんな男性は世の中いるんやろうね。
あそこまであからさまじゃなくてもね。

ああいう人は、例え子供が生まれても、自分の思うように育たなかったら、
これは「失敗」って簡単に捨てて、「さて、次行こう」って行きそうやなー

それにしても、結婚して子供を作る期限が「1年」って短すぎやしないか?
(まあ、実際は何年掛けても最初から可能性は0%な人だったけど)


スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/80-3715a31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。