A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

地虫鳴く 

地虫鳴く 新選組裏表録 (集英社文庫)地虫鳴く 新選組裏表録 (集英社文庫)
(2010/02/19)
木内 昇

商品詳細を見る



この人の書く「新選組」はホントに面白い。
みっちり骨太に書かれていて、読んでて結構「しんどいなー」って思う部分も多いけど、
なんか魅力があるのは、人物が生きてるからかなあ。

いろいろ感じたことは多いけど、それを上手く「感想文」書けない文才のなさが恨めしいわ。

とにかく、「新選組」ファンの方は、前に紹介した「幕末の青嵐」と合わせて一読してみてほしいと思いまする。


この本、先日アニメイトで購入した、薄桜鬼の斎藤さんのブックカバーかけて読んだんだけど、
そのせいか、斎藤さん出てくると、どうしても薄桜鬼の斎藤さんのルックスで読んでしまう。
・・・が、まるでキャラが違うので、それが結構笑えました(笑)
だって、あの、ストイックで奥手そう(やんな?)な斎藤さんが「俺には女がたくさんいるんだぜ」とか言ってるのを想像すると・・・ぷぷぷっ

あるいは、監察のこれまた「隠密!」って感じの山崎さんが大阪弁まくしたてて「あんさん、ナントカでっせ」とか「そんなことありまっかいな」とか言ってるの想像すると・・・ぷぷぷっ

土方や近藤さんは、あまり違和感がなくて面白くないかな。
沖田君は、またキャラが違うけど・・・・あんまりギャップが面白いってことないなあ。

やっぱ、斎藤&山崎が笑えるわw
スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/777-ea5438aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。