A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

結局、彼はなんだったの? 

加納惣三郎

いや、昨日の「新選組・血風録」の話。

「沖田総司の恋」ってタイトルで、
いきなり出てきた加納惣三郎。
予告で出てたのでわかってたけど、
いきなりそのタイトルで、加納が出てきて、
局長だかが「あんまり美形だから心配だ・・・」みたいな発言するし、
あり得ないとわかってても、加納×沖田or沖田×加納なのか!?・・と邪推したじゃないか(笑)

まあ、この二人じゃ百合の園になっちまうので、
それはないだろうけど(そういう問題!?)

実際、彼はいったい何をしたかった人だったの?
組内で男をたぶらかして、2人か3人か斬っちゃったりして、
沖田にも意味ありげに近寄ったりして、
どこかの間諜か?って雰囲気バリバリだったけど、
そうじゃなかったみたいね?

ただ男色家で男あさりしてただけ?

原作の「前髪の惣三郎」読んだらわかるのかしらん?

ちなみにWikipedia君で見てみたら、実際は特別男色家だったわけではないらしい?

「なお、司馬遼太郎の小説「前髪の惣三郎」(『新選組血風録』収録)では主人公として描かれ、田代彪蔵と衆道(男色)に陥るストーリーになっている。元治元年(1864年)5月20日の近藤勇の書簡に新選組内で男色が流行していたことが記されており、これに着想を得た創作である。」

ってありました。


ほんとの(笑)「沖田君の恋」は可愛かったですな^^
案外、素直に自分の恋心を認めて、回りにも変に誤魔化そうとしなかったのね。
なんとなく、意固地に認めようとしないのがらしいような気もしたけど、
ああいう素直なのも、初々しくて良かったわ。

最後の、近藤さんの余計なお世話には笑った^^;
お医者を訪ねて、「頼みたいことがある」と言ったときは、沖田の病気のことに関してだったのかと思ったのに、
(どこか良い所で養生させたいので相談にのって欲しい・・・みたいな)
恋路の邪魔しにいってたとは^^;;;

あれじゃ、妹のボーイフレンドんとこにいって「妹に近づくな!」って余計なことするシスコンのにーちゃんじゃんか^^;


ところで、山南さんの件・・・どさくさに紛れてほぼナレーションだけで流されてましたな^^;
ナレーションで流すにしろ、もう少し背景とか(伊東さん出てないし)、山南さん、沖田くんの葛藤にも触れてくれても良かったのにorz

あまりにもあっけない退場でしたな。
スポンサーサイト

category: Movie・Drama・Animation

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/655-a5544e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。