A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

フライ・ダディ・フライ その2 

フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))
(2005/05/31)
金城 一紀

商品詳細を見る


今度は原作。
読みました。


すごく良かったです。
かなり映画と違う部分がありましたが、これだと原作を先に読んでいても、
映画であまりレベルダウンを感じなかったんじゃないかな?と思う。
まあ、映画にしやすいボリュームってこともあるかな。

映画に比べて、妻と娘の存在感が少し希薄だったかな。
その点は、映画の方がいいように思うぐらい。
まあ、映画やドラマになると、どうしても女性の比重は重くなりますもんね。
原作ほど、おっさんと男子高校生ばかりだと、むさくてたまらんかもしれん(笑)

スンシンは、映画に比べて、ずっと高校生らしかったです。
あくまで比べて・・・だけど。
子供らしい部分も多くてほほえましかった。
まあ、映画は岡田でしたもんね。
あのときで、やつはいくつよ^^;
さすがに高校生は無理があるだろ・・・って感じ(笑)

おっさんとスンシンの交流は、小説でもかなり萌えですな(笑)
誰か、その後の、おっさん&スンシン&遙で二次小説書いてくれへんやろか?

設定としては、その後もおっさんとスンシン達の交流も続き、
息子のようにかわいがられるスンシンとそれに焼き餅を焼く実の娘のおっさん争奪戦w
(注:BL要素はもちろん皆無で)
二人の間に飛び交う火花にはちっとも気づかないおっさんは、二人が兄妹のように仲良くしてくれたらいいのに・・・とか、兄妹までならいいけど、まだよその男に娘はやれないな・・・とか、のんきなことを考えてたりするの(笑)
スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/59-0fe4dbc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。