A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

今日は、イオンモールの本屋で 

仮面教師SJ (1) (ウィングス文庫)仮面教師SJ (1) (ウィングス文庫)
(2011/01/09)
麻城 ゆう

商品詳細を見る




我、天命を覆す  陰陽師・安倍晴明我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明
(2010/07/31)
結城 光流

商品詳細を見る


ってのを買ってきました。
いや、久しぶりに、アマゾンのリンクをしてみたかっただけ(笑)

安倍晴明のは、「少年陰陽師」を書いた人の作品らしいけど、
その「少年陰陽師」っての、名前だけ知ってるだけで、面白いのかどうか知らない。
本屋で、なんかその本を目があっちゃった感じなので、買い求めてみました。
面白いかな~?


「仮面教師SJ」は、特捜司法官シリーズなんですかね?(よくわかってない^^;)
スペードのジャック?
ブクログの新刊情報で知って、ちょっと前々から気になってたのです。
でも、前の「S-A」も途中で挫折してるからな~
正直「期待はずれかもしれない」という気もしている。


以下、いろんな作家さんにケチをつけるみたいなことをつらつらと書いております。
ファンの方には不快に思われる方も多いと思うので、
好きな作家を批判的に書いてるのを読むのは嫌!と思われる方は、ここまででよろしく。





最近、「ずっと好きで読んでるんだけど、途中から作風が変わってきたのか、自分の好みがかわってきたのか、以前ほど惹かれなくなった。面白くなくなった」ってシリーズや作家が結構増えてるような気がする。
「S-A」も、理屈っぽさが先にたっちゃって、物語自身に魅力が感じられなくなってしまったのだ。

あさのあつこも「バッテリー」ではまって、「MANZAI」も最初はとても面白く夢中に読んでたけど、途中からどうもどうでもよい感じになってしまった^^;
完結したらしいので、それなら最後まで読もうかと思って、それも本屋で見てたんだけど、5巻を読んだかどうかわからんくなって、重複しても面白くないので、保留にしたのでありました。
家で確かめたところ、4巻までだった。後2巻・・・・まあ、2冊ぐらいなら買うかな~?
ちなみに、他の作品も、ダメですね。結局面白く読めたのは「バッテリー」だけかなあ?


篠田真弓の「建築探偵シリーズ(だっけ?)」も完結したんですね。
これまた、途中で挫折してるシリーズ・・・これも最初は夢中で読んでたんだけどなあ。
どうも途中から表現がくどくなったというか、センチメンタルすぎるのかなあ?上手く言えないけど、これは多分、昔の私はそういうのがたまらなかったのが、好みが変わったんじゃないかと思う。
でも、完結したなら、最後まで読みたいかなぁ?
読むのをやめてからだいぶ経つので、これからそろえるのが大変かな?
今までのを図書館で寄贈して、その代わり続きを買ってもらうってのはどうだろう?^^;

こうやって、途中から興味が失せてしまったもののを書いていたら、
なんか寂しい気分になってきますね。
好きなモノは最後まで好きでいたいんだけど・・・・
なんかなあ?
私の好み・興味が移ろいやすいのかなあ?

栗本薫や森博嗣もそうだし。
茅田砂胡もそうだな。
「スカーレット・ウィザード」シリーズぐらいまでが一番面白く、
それからのシリーズはなんか違和感を感じつつ読んでたけど、
「クラッシュ・ブレイズ」シリーズでついに挫折。

ずっと好きでいられる作家に出会うってのも難しいものですねえ。



スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/529-76b65ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。