A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

46番目 

CD聞きましたよ。
少し前に借りてたんだけど、今頃になっちゃった。
ちなみに、特典CDはまだ聞いてない・・つか、もうこれは聞かないかも^^;

以下、ネタバレでもないけど、絶賛してるわけでもないので、
「大好き!」って思ってる人は読まないでね。

とはいえ、実は感想らしい感想はない^^;
ふーん・・って感じ。

まあ・・・

有栖役の鈴村さんお疲れ様でした! とか
風子さんのしゃべり方がどうも疲れてしまった とか
火村や有栖の声はさほど違和感なかったな とか

そんな程度かな。
申し訳ないけど、借りて一通り聞けばもう十分って感じでした^^;

エンドロールの部分?
キャストをご本人が、
「火村英生 神谷浩二」・・・て紹介?名乗って?いくんだけど、
「男性A」とか「消防士A」・・とかの部分は、なんだか・・・
映画のエンドロールでそう流れていくのはなんとも思わないけど(当たり前のことだし)
声でわざわざ・・って、大仰な感じがしちゃうね。
いや、その声優さんに失礼ですな^^;

あと、ボーナストラック?
キャストのコメントがあるけど、あれってなんで女性陣が一人もいないの?


准教授の「Absolutely」にちょっと笑ってしまった。
あんな言い方だったのか(笑)
もちっと、淡々とした言い方を想像してた。

まあ、なんですな。
ドラマCDって、映像もなくて声だけの演技なので、何割増しかで大げさな演技になるんでしょうね。
なんかちょっと聞いていて気恥ずかしいところもちらほら。

最後の「せっぺん」が・・・・
前後の台詞から、「せっぺん」が「雪片」なのはわかるんだけど、
なんかもっと違う表現が良かったことなかった?

ひとひらの雪 とか?
雪のかけら とか?

いや、やっぱり、瞬時に脳内で「雪片」って漢字に変換出来たから、あれはあれでいいのかな?


それにしても、「46番目」なんて、何度か読んでるのに、すっかり忘れてるなあ・・・
知識が蓄積されないおそまつなおつむですが、何度も同じ本を楽しめる・・・というお得なところもあり。

そういえば、今日もヘッドの下を久しぶりにちゃんと掃除したんだけど、
箱に入れて突っこんでいる本をあさってたら、近藤史恵の「凍える島」が出てきたびっくりした。
これ、わりかし最近、図書館で借りて読んだのさ。
初読みだと信じて読んで・・・今日見つけるまで、自分で買ってるなんて思い出しませんでした。
というか、見ても「そういえば!」とも思わなかったわorz

スポンサーサイト

category: Alice

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/489-6b194e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。