A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「ぼく、牧水!」 

「文・堺雅人」を読んでいたら、「戦闘妖精雪風」に触れている部分があって、ちょっとトキメいた。まあ、書いてる内容は、作品や自分が演じた「深井零」に対する思い入れ・・・みたいなことじゃなくて、「自分が演じているエースパイロットは無口だったから楽だった」とか「ヘルメットを被ると口元が見えなくなって、口の動きに合わせなくていいから楽だった」とかそんなことだけで、それはそれでちょっと切なかったですが・・・・.
堺雅人の文章



今、

ぼく、牧水!  歌人に学ぶ「まろび」の美学 (角川oneテーマ21 A 122)ぼく、牧水! 歌人に学ぶ「まろび」の美学 (角川oneテーマ21 A 122)
(2010/09/10)
伊藤 一彦堺 雅人

商品詳細を見る


こういう本読んでます。
堺雅人が、高校時代の恩師であり、歌人、若山牧水記念文学館館長の伊藤和彦氏と「若山牧水」について、対談・・つーか、飲んで語り合っている本です。
ほんまに飲みながらの対談らしい(笑)

私は、風流を解さない朴念仁で、牧水もよーわからんですが、読んでたらそれなりに面白いです。

で、この本の中にありましたよ!!

「堺雅人の文章における、漢字とひらがなの関係」について!!


ちゃんと、理由があった!
何も考えてないわけじゃなかった!
すげーこだわりがありました。
それはなにか!?

それは、まあ・・・読んで見てください。

読みたい方貸し出しいたします。
あ、リアルにオツキアイある方ね!・・・って、当たり前だけど(笑)

それにしても、宮崎焼酎「あくがれ」飲んでみたいものである・・・というようなことを思わされる本です(笑)

スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/485-6a390fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。