A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「恋文の技術」と「哲学男子」 

恋文の技術恋文の技術
(2009/03/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る


ブクログでフォローしてる方のレビューを読んでちょっと気になってました。
先日図書館で「新着コーナー」に鎮座ましましてるのを発見し、早速借りてきました。

海辺の辺境地の実験所に飛ばされた京都の大学生が、無聊を慰めるため、文通武者修行と称して、大学の友人や先輩などなどに手紙を書きまくるお話だ。
終始手紙だけで語られていく。
しかも、飛ばされた大学生・守田一郎くんからの手紙ばかりで。

文通相手は

片思いに悩む親友
守田くんいじめに命をかける専制君主な先輩(♀)
家庭教師をしていた元生徒(小学生)
学部生時代同じ倶楽部だった新米(?)作家森見登美彦
宇宙飛行士志望の妹
そして、守田君の思い人

ケッサクだ!めちゃくちゃ面白い!
電車の中でなんど吹き出しそうになり、にやにやと怪しい人に成り下がったか(笑)

相手によって文体も少々変えながら、テンポ良く小気味よくすらすらと読ませてくれます。
そして、最後には・・・
なぜか、ちょっぴり切なく、甘酸っぱく、そしてほんのり暖かい気持ちになりました。

私も、守田君から手紙をもらいたいものである。
そして、私も誰かに、愉快で楽しく、そして暖かな気持ちになれる・・・そんな手紙を書いてみたいものである。

・・・・まず無理だけど、そんな文才ないorz

とにかく、森見登美彦・・・ちょっと注目かもしれん。
他の作品も是非読もうと思います。
図書館で探してみよう。

「恋文の技術」も、文庫で出たら是非買いましょう!



もう一冊

哲学男子哲学男子
(2010/06/28)
ポストメディア編集部

商品詳細を見る


これは、Twitterで、2~3日前に女の子がつぶやいていて、ちょっと気になってたところに、
今日、時々やりとりしている、インテリセクハラ男が
「快さん、気に入るかも」
と、紹介してくれた本。

帰りに、本屋でみつけて、何故か買ってしまった^^;
哲学者なんてたいして興味ないのに・・・
1300円ほどもするのに・・・
「闇の喇叭」さえ買ってないのに・・・(有栖川先生ごめんなさい。図書館に予約しました)

まあしかし、面白そうですよ!
ちょっとターゲットが、「腐女子(ああ、この表現激しくいやだっ!)」向けっぽいですが、その分そそられます(笑)
絵描きさん・・・全然知らないけど、皆、綺麗かつ可愛いし、4コマ漫画なんかもあるし。
それに、結構文章も多いので読み応えありそうです。
まあ、これから読むので、本当に面白いかどうかはわかりませんが・・・

あ・・・スピノザ出てきた。
よく「スピノザの神」・・って聞くけど、実は全然知らなかったのだ^^;
これで、ひとつ物知りになれる・・・んかなあ?

とにかくこれからぼちぼち読んでみます。


ところで、これ、ぱっとみて「ヘタリアみたいなもん?」って思ったんだけど、
考えたら・・つか、考えるまでもなく「擬人化」じゃなくて、もとから人間じゃん。
全然関係ないですね(笑)
スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/441-c1385a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。