A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

中置き 

10月ですので、今日のお点前は「中置き」でした。
「中置き」というのは、10月だけのお点前です。
まだ「風炉」ではあるけど、暑さも遠のき、涼しくなってきたこの時期に、炉の位置を少し客側に、水指を炉の左側において(通常は右側)、火をお客様にほんの少し近づけるお点前です。

五行棚を使いました。
「中置き」だけに使う棚です。
水差をいれずに炉を据えます。
天板と地板では、地板の方が大きいです。
三本の支柱は節の数が違い、奥は1つ、右が2つ(客側)、左が3つになります。

濃茶の準備として、水指を五行棚の左横に半がかりで置き、棗は天板の真ん中に、茶入れは、本来水指をおいてある位置(右側)の前に飾っておきます。

点前としては、特に普通の濃茶を変わりはありません。

五行棚の時は、蓋置きは板の左手前に置き、柄杓を板と平行に置きます。


棚ではありますが、五行棚のときは、湯返しはありません。
柄杓を飾っておく場合、天板の左端に縦に置き、その右横点前に蓋置きをおきます。


薄茶の場合は、棗は飾っておくけど、後はすべて運び出しです。
水指の時に、入室する前に総礼。
飾るときは、柄杓を左から右へ斜めに置き、蓋置きを左側・・・かな?
実は薄茶は五行棚でしてないので、ちょっと記憶があいまい~~~~


今月は2回できそうな雰囲気だったのだけど、1回に終わりそう。
来月はどうかな?
まあ、月謝出すのが苦しいので、1回でもいいかな^^;;;;;
スポンサーサイト

category: お茶

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/42-3c0ac35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。