A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

月魚 

月魚 (角川文庫)月魚 (角川文庫)
(2004/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る


三浦しをんの「月魚」を読んだ
(まだ本編だけ)

古本業界が舞台
主人公は、20代半ばの野郎二人。

えーっと。BLでした(笑)

「好きだ!」も「愛してる」もなければ、(好き・・・ぐらいはあったか・・ふつうに)
キスもセックスも無いけど、紛れもないBLやんか。

瀬野垣くんは、すぐ真志喜の髪を触るし、
何かといっちゃ肩を抱き寄せたりするし、
真志喜くんも、瀬野垣君にすがりついたりするし・・・

そのへんの、セックス描写が3分の1…は、いいすぎか……
まあ、それぐらいそういう描写に枚数費やしているBLよか、
ずっと濃厚で濃密だったぜ~


あれだけ、古本という世界、そして同じ世界に生きる誰かに縛られて生きるってのもいいのかもしれない。 でも、やっぱりちょっと怖い。

ちょっとレトロなロマンチズムに満ちた物語どした。
私は嫌いじゃない。

まあ、BL好きだから当たり前か(笑)
BLはちょっと・・・って人も、いいな・・・と思ってくれたらいいな。
(自分の作品でもないくせに(笑))
スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/324-f5cd9044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。