A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

隙間読書 

乙女なげやり (新潮文庫)乙女なげやり (新潮文庫)
(2008/08/28)
三浦 しをん

商品詳細を見る


私は基本「エッセイ」の類は読みません。
写真集みたいなのもあまり、買わない。
「小説」オンリーです。

でも、たま~~~に、面白いのにぶち当たるとエッセイも読んでみたり。
米原万里とかね。
で、この三浦しをんの「乙女なげやり」は、みんさんお勧めということで、
貸していただきました。

面白かった!
なんちゅーか共感できるところがありまくり!

BL好きとか
壊滅的に男性運がないところとか
(三浦さんの実態はしらんけど・・・ホントはあるんかも)
風呂嫌いとか・・???

そういう共感できることを、超面白おかしく書いてくれるもんだから、
全編、ツボ!って感じです。

「うんうん。私もそう思う!」とか
「私もそれは疑問に思ってただよ!」とか そんなのが目白押し。

ああ・・・しをんさんって同類・・・って、うっとりしかけたけど、
考えたら相手は直木賞作家(だっけ?)で、
同じ事を考えてても、それをこれだけ面白く楽しく書けるってところで、
やっぱり遙か彼方にいる人でした。

しをんさんのダメダメな部分だけで出来てるのが、私・・・orz



ところで・・・
今、同じ、しをんさんのエッセイの2冊目を読んでいるところですが、
つきっきり(って変か・・・)で読んでいる訳じゃありません。
「乙女なげやり」も、いろんな事の合間合間に読んでました。

ここで、私は気がついた!(大げさ
エッセイって、「隙間読書」にぴったりやんw

「隙間読書」というのは、

通勤途中に読んでいた、ハードカバーが行きで読み終わりそう!
でも、次に読みたいのもハードカバー。
2冊もハードカバーを持ち歩けない!
そういうときに、「エッセイ」(文庫)を入れておく!
これだと、帰りの電車の読書に困らないし、
エッセイで1章が短くて連続してないから、途中でおいておいて、次のハードカバーに移れる!

あるいは・・・あ、いい例が思いつかない。

とにかく、そういう、合間、とういうか隙間に読むのに「エッセイ」ってぴったりなんだ。
これからは、常に、何か面白い「エッセイ」を用意しておこう。
当分は、三浦しをん氏のエッセイで行こう!
・・・って、何冊ぐらい文庫で出てるんだろう?

その前に「風が強く吹いている」も読まないとなあ~
これが、直木賞作か。
mixiで仲良くしてもらっているT氏のお薦めでもある。
たまには爽やかなスポーツものも読まないとね^^
考えたら人が死ぬ話しばかり読んでいる今日この頃・・・いや、昔からか。
スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/252-e7b428fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。