A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ブラディ・ドール 読了 

さらば、荒野 (角川文庫 (6022))さらば、荒野 (角川文庫 (6022))
(1985/04)
北方 謙三

商品詳細を見る


前、見つけられなかった画像付きアマゾンリンクがあったw


というところで、「ブラディ・ドール」シリーズ全10巻読了しました。
正直な感想・・・・疲れた・・・しんどかったorz
面白くなくて「しんどかった」ではないです。
面白くて、結構はまった。でもね


以下、ネタバレなのねん。

人が死にすぎる・・・・
それも主要人物達。
読み進めて、愛着もでてきて、この人は最後まで頑張ってほしいな♪
って人が、容赦なく死んでいくんやもん(>_<)

10巻目、唯一妻子もいて、堅実にホテル経営なんぞしてた秋山が、あっさり・・・ほんとにあっさりあっけなく死んだ時に、「もういやだ!」って正直思っちゃった。
別に秋山に特別な思い入れはなかったけど(好きは好き♪)
でも、守らなくてはいけない妻と娘がいる人まで死なせなくていいやん・・って。
ハードボイルドにゃ、そんなの関係ないのかもしれないけど、ちょっと悲しすぎるよ。
安見と菜摘が可哀想すぎるー(T_T)

でも、一番こたえたのは、下村の死かなあ。
まあ、ヤツが死ぬのはわかってたけど(いろんなサイトで予習してた^^;)
坂井&下村で、いいコンビやったし、なんかこれからの時代の連中だったのに、
ぶっちゃけ言うと、k月さんの影響で、下村×坂井とかになってたからだけど(笑)
でも、叶×坂井もいいな・・・だったから、叶がくたばったときも凹んだorz

みんな、川中社長に惚れ込んで集まってくるし、カリスマ性もあって、「男殺し」なんだろうけど、
別の意味で・・・というか、文字通りの「男殺し」でもあるよね。
みな彼に係わって死んでいく~~~
なんていうと、社長が一番辛いわけだし、ファンに殺されそう^^;

坂井だけでも生き残ってくれたのは救いだ。
もし、ヤツも死んでたら、破って燃やしてたかも・・・(借りた本やっちゅーねんーー;

坂井も辛いよね。
なんとなく、先に死んだモン勝ちみたいなところがあるな・・・


ということで、10巻読んで、私は疲弊しましたorz
再読なんてとんでもなーい!
少し休憩しなくちゃ。

「ブラディ・ドール」の余韻は、ファンサイトで浸ろう。
でも、さすがにああいう小説なだけあって、二次創作も、「死ネタ」とか多いんよね。
死んだモノもみんな復活して、ちょっと笑えるラブコメみたいなんないかしら?(笑)

今日から、おださんに借りた「スノウ・グッピー」読み始めました。
明るい話しを!・・・って思ってたのに、これも不穏だorz
五條瑛だから、当たり前か^^;


スポンサーサイト

category: Book

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaipanda.blog36.fc2.com/tb.php/236-e746af59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。