A murmur of Kai

今年のモットー「挨拶はした者勝ち! 相手の為ではなく、自分の為!」

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

外科医と床屋 

今朝から、皆川博子の「開かせていただき光栄です」という、18世紀ロンドン・解剖教室(但し、個人的な)を舞台らしきミステリを読んでいる。


開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2011/07/15)
皆川 博子

商品詳細を見る


で、そこでちょっと衝撃的な一文が・・・



「かつて、外科医は床屋が兼業していた」




ちょっと検索してみたら、そういう記事うじゃうじゃ出て来た。
床屋の看板…赤と青と白?でぐるぐるまわってるやつ…は、その名残で、赤=動脈、青=静脈、白=包帯 を表してるとか・・・
あれ?それって、昔聞いたことがあるぞ。
(と、某SNSで呟いたら、その説はガセらしい・・という情報が。まあ、はっきりしたことはわからんってことやろね)

まあ昔の西洋の外科処置ってのは、おおむね「瀉血」だったようですが。

それにしても、床屋のおやじに腹切られるのも怖い話しだなあ・・・

-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: Book

天王寺七坂巡り 

2013年6月 天王寺七坂巡り


みんさんと、天王寺七坂巡りしてきました。
台紙も買って、スタンプラリーもしてきたよ。
二時間半ぐらいかかったかな。
坂も全部ちゃんとのぼって(下りもあったけど)来ました。

寺や神社にお参りしながら、途中でにゃんこと出会いながら、楽しい一時でした。

七坂巡りのあとは四天王寺さんの休憩所で釣り鐘饅頭を食べながら休憩。
(そや亀を見に行かなかった!)

その後は、アニメイトでライトノベルな「ダリの繭」(上)を買って、居酒屋で飲んで愚痴大会してきちゃった。

楽しかったな。
また行きたい。

category: murmur

プロフィール

カレンダー

Counter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ぶくろぐ

つなびぃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。